2016-12

    統計は友だち 国家統計局からジャーナリストへのアドバイス

    大学ではゲストを呼んで特別講義を開くことがある。
    今月はイギリスの国家統計局(Office for National Statistics)でチーフ・メディア・アドバイザーとして働くデイヴィッド・マーダー氏がプレゼンしてくれた。
    テーマは統計。
    davidmarder_jomec
    Photo byCardiff Jomec



    僕はこのとき、クラスメイトの手伝いでドキュメンタリーの撮影に出かけなければならず、残念ながら講義を生で聞くことは出来なかった。どうしても受講したい内容だったので友だちに頼んで録音してもらった(このとき大学のテクニックオフィスに行って無駄に上等なレコーダーを借りたのでやたら聞き取りやすい音声データを手に入れることができた)。しかも幸いなことにデイヴィッドさんにメールで連絡をとってスライドのデータも手に入れることができた。講義に出れなかったのは本当に残念だったのだけど、録音と資料がすべて手元にある状態が実現して、なんかもう逆に完璧。

    この講義に際して「Top ten tips for journalists using statistics(ジャーナリストのための統計活用10の知恵)」というリストをもらった。
    「統計は友だち。」というキャプテン翼ばりの格言から始まる。

    いくつか内容を翻訳して紹介すると、
    「平均は、算術平均、中央値、最頻値などをうまく使い分けよう」「 ほとんどの統計は誤差の範囲内だ。誤差の範囲に収まるのであれば、一見変化しているようでも実際には何の変化もないかもしれない」「 極端な意見に走っていはいけない。注目されるかもしれないが、多くの場合誤った事実を導く。最も正確で信頼できるソースを探そう」「遠慮せずに統計の専門家からアドバイスをもらうこと」、などなど。

    これから先もお世話になりそうなアドバイスだ。統計を扱うときはこのリストでチェックするようにしようと思う。

    ただ、こうしてジャーナリズムにおける統計の使い方について考えていると、いつも思い浮かぶ疑問がある。
    ジャーナリストはどの程度科学的な厳密さを追求すればよいのだろうか。
    科学的な正確さは重要だ。しかし、それを突き詰めていくとそれは報道というより科学的な論文になってしまうのではないか。また、多くの場合ジャーナリストは学者ではないので、厳密な正確さを追い求めるのは難しい。科学的な厳密さとジャーナリズムの両立。この問題についてデイヴィッド氏にメールで質問したところ、丁寧な回答をいただいた。

    少し要約して引用します。

    「 ジャーナリストは、エビデンスを精査して、自分が用いたファクトが操作されたり歪められていないかを確かめるべきでしょう。そのために出来る限り科学的になるよう努めるべきです。全てを理解することはできないので、ジャーナリストは誰を、何を、信頼するか決めなければなりません。 私が望むのは、ジャーナリストには統計を使う前に深くその数字を疑ってほしいということです。ジャーナリストは情報の筋を確かめてそれが信頼に足るのか十分注意しなければなりません。『この統計はどこから出てきたのか?』『誰かが自分を騙そうとしているのではないか?』私はジャーナリズムが学術的な論文のようなものを生み出すことは全く望んでいません。 学術的論文は厳密である一方、読んで理解するのがほとんど不可能で、その結果、飛ばし読みされ誤って解釈されます。 良いジャーナリズムは、誰にでも分かるような言葉でオーディエンスを巻き込み情報を伝えます。しかし、その情報はより正確になるよう努力されなければなりません。」

    なるほど。

    自分なりにこの話をより具体的な文脈で解釈してみようと思う。
    例えば選挙報道には統計がつきものだ。投票率や、各政党・候補者の得票率などがニュースで注目される。こういったデータを報じるときに、科学的な正確さやマナーを厳密に守るのであれば、記述統計や誤差について言及しなければならない。しかし、そこで「この統計は95%信頼区間で〇〇%の誤差があり…」などと言っても読者の多くは理解できない。学術的な論文だと、読者が統計的な知識を備えていることを前提に、例えば「P値が〇〇で〇〇%水準でこの相関係数は有意」という書き方をする。そして学術論文においてはこういう情報を明示することが科学的なマナーだ。
    ジャーナリストも統計を出来る限り正確に使うべきだが、このような論文の作法を真似すべきだろうか。こんな書き方をしていては読者の多くは理解できないし、たぶんそのニュースに目を通そうとは思わないだろう。おそらくここでジャーナリストがすべきなのは、誤差があることを理解した上で言論を展開することだ。信頼区間や誤差がどうこうということに言及しなくとも、統計はそういう誤差があるものだと思って提示し、それを理解した上で物事を語る。例えば、あくまで誤差の範囲の数字の変化に過ぎないときに、投票率が上がったとか下がったとかを主張してはいけない。仮に誤差が5%ある統計では、投票率51%と47%の数字を比べたときにどちらが高いとは言えない。
    他にも、それぞれの統計の間に明らかなサンプル数の違いがあるとき、それらを同列に比べるようなグラフを提示してもいけない。今年の都知事選のときに、各世代ごとの投票した候補者の割合を比べるグラフが見られた。しかし、若い世代は投票率が低い分サンプル数が少ない。その統計を比べて、安易に若者にはこういう傾向があると論じてはいけないだろう。

    僕は数学はあまり得意ではない。でも、学部時代に計量政治学を学んでいたので、統計の基礎の「き」、あるいは基礎の「き」の「k」くらいは学んだつもりだ。統計は卒論で親しんだ仲でもある。付き合ってると理解できずに腹が立つこともあるけど、 助けられることも多い。統計は友だちだ。誠実に向き合おう。


    あらゆることに批判的になるのがジャーナリスト〈大学院の授業紹介:Critical Thinking〉

    「この例文は前提と結論の間に矛盾があります」、「これは結論ありきで議論が組まれてしまっていますね」。先生が次々と「失敗した議論」の文章例を紹介する。たくさんの事例を見ながら僕はいつも「こういう文章って新聞やネットメディアの記事でよく見るよなー」と思ってしまう。

    これは「Critical Thinking(批判的思考)」という授業だ。内容は論理学とも言えるかもしれない。僕の在籍しているコースは大きく分けると2種類の授業がある。ひとつはジャーナリズムを実践的に学ぶ授業で、もうひとつはこの「Critical Thinking」のような理論重視のアカデミックな授業だ。クラスメイトの中には退屈に感じる人もいるようだが、僕は理論ベースの授業も疎かにしないカーディフ大学の姿勢が好きだ。

    この授業を受け持つ Howard Barrell 教授は、初回の授業のときに次の言葉を引用して批判的思考の重要性を説いた。

    “A good journalist is moderately against everything”

    By Benjamin Bradlee

    そのまま訳すと「良いジャーナリストとはあらゆることに適度に反対することだ」といったところか。

    僕たちは、人から話を聞いたり、本を読んだり、ネットで検索したりして知識を得る。ジャーナリストもそのようにして得た知識をもとにニュースをつくる。そしてそのニュースは多くの場合真実として受け止められる。しかし、伝え知ったことが本当に真実とは限らないのが厄介だ。伝えることを仕事とするジャーナリストはその真偽を確かめる能力が求められる。そこで重要になるのが物事を疑ってとらえる批判的思考なのだ。

    批判的・論理的思考というのは、学部時代にも学んできたことなので教わることの中には復習になることも多い。学部時代にさんざん先生から言い聞かされてきた「相関関係と因果関係は違う」という話が先週の授業で紹介された。

    例えば「家に本がたくさんある子どもの多くは、家に本がない子どもと比べて成績が良いという傾向がある」とする。これは相関関係だ。こういう事実が必ずしも「本がたくさん家にあれば子どもの学校での成績が良くなる」という因果関係を示すわけではない。


    criticalthinking_graph.png
    相関関係をすぐに因果関係に捉えてしまうことは危険だ。それを教えるために先生はこんなグラフを用意した。二つのグラフはそっくりの数値の変動をしている。両者の間には強い相関関係があると言える。
    左はインフレ率の図。
    右の「?」となっているグラフが何かというと...降水率だそうだ。
    インフレと雨の間に因果関係があるはずがない。雨が降るとそれがインフレを導く(またはその逆)ということはないだろう。しかし、世の中には相関関係があればそれをすぐに因果関係として論じてしまうことが非常に多いのだ。
    (個人的にはイギリスのインフレ率や降水率が本当にこのグラフのようになっていたのかいまだに信じられないのだが...)
    【参考】相関関係と因果関係をごっちゃにしないために / togetter

    因果関係を論じるのは本当に難しい。例えば、軍事専門家はよく「戦争の脅威が続くのでその危険に備えて軍隊の保持が重要だ」と言う。しかし、もしかしたら「軍隊を維持・増強しているがためにそれが戦争が起こりうるような緊張した状態を招いている」のかもしれない。どちらが正しい因果関係なのか判断するのは難しい。

    授業では統計の魅力やその使い方の難しさを学ぶためにビデオを見た。
    joyofstats_watching.jpg
    The Joy of Stats / Hans Rosling
    ネットに公開されている動画なので英語が分かる方はぜひ見てみてほしい。「統計って面白い!」と思ってもらえるのではないだろうか。

    このビデオに出てくるHans博士はとてもユーモアのある人だが、「Critical Thinking」を教えるHoward教授も愉快な人だ。僕も含めて生徒たちは、論理の誤謬について考えるうちに行き詰まって混乱することがある。そんなとき先生は「頭の中に電球が点いて突然ひらめくときがあるのでそれを待ちなさい」と言う。先生はそれを「ポーン・モーメント」と呼ぶ。ポーンと音をたてて頭の中で理解できるタイミングがくるらしい。


    大学院の公式動画

    僕が在籍しているMA International Journalismの紹介動画が作られました。



    映っているのはみんな一緒に勉強している同級生や先生です。
    ぼくも少しだけ映ってますね。

    制作したのは昨年の卒業生。
    彼は日本文化に非常に関心があって、母国ポルトガルにおけるオタク文化についてドキュメンタリー番組を作ったほど。
    将棋をしたいと誘われて今日は一局指しました笑
    異国の地でやる将棋もなかなか楽しいですね。


    カーディフにて大学院進学準備中

    イギリスにやってきて1ヶ月が過ぎました。
    海外で生活すると今まで経験したことのないようなことが頻繁におこり濃密な日々です。その体験を少しづつブログで記録・発信していこうと思います。

    カーディフ Cardiff
    まずは今イギリスのどのあたりで生活しているのかについて。

    イギリスの英語表記はUK(United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)です。この表記をそのまま日本語に訳すと「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」。つまり複数の国からなる連合王国です。構成している国は4つ。イングランド(England)、スコットランド(Scotland)、ウェールズ(Wales)、そして北アイルランド(North Ireland)。
    僕が今生活しているのはウェールズ、そこの首都であるカーディフ(Cardiff)という街です。
    イギリス地図
    地図はhttp://www.mapsofworld.com/united-kingdom/united-kingdom-political-map.htmlから引用し編集

    IMG_9627.jpg
    カーディフのシティセンター。竜が描かれたウェールズ国旗が掲げられています。

    進学準備コース Pre-sessional Course
    今、そしてこれから約1年通うことになるのが、カーディフ大学(Cardiff University)です。
    IMG_0685-2.jpg
    写真は大学のメインビルディング

    僕は9月からこの大学の修士課程でジャーナリズムの勉強をします。いまはその大学院での勉強に備えて、Pre-sessional Course(プリセッショナルコース)という留学生用の進学準備コースに在籍しています。7月から始まり全部で10週間あります。5週間が終わり、ちょうど折り返しに入りました。
    学生の専攻はバラバラで、一番多いのがビジネスに関連した学問。ロジスティクスや国際貿易、会計などの専攻が大半のようです。自分の専攻がジャーナリズムだと言うと、「ああ、カーディフはジャーナリズムで有名だよね」と言ってくれる学生が多いです。自分の専門以外の評判までよく知ってるんだなと、すこし驚きました。
    出身国別で見るとほとんどが中国人。ぼくのクラスは全員で13人で、日本人は自分ひとり、あとは中国人が10人、タイ人が2人です。
    似顔絵紹介
    授業初日にお互いの似顔絵や紹介文を書いて教室に張り出しています。愉快な仲間たちです。
    ほかのクラスには韓国、ブラジル、中東(イラクやサウジアラビアなど)出身の学生も。

    修士課程では、授業に出席し、たくさんの本を読み、他の学生や教授と議論し、レポートやエッセイを書かなければなりません。そしてそれら全てが英語で行われます。そのため、いま通っているコースでは、これらの技能を身につけるための授業や課題が出ます。例えば、アカデミックな英語の文章の特徴やルールを学んだり、講義を聞いてノートをとる練習などをしています。また簡単なリサーチ(研究)にも挑戦しており、仮説を立てそれを検証するレポートを提出。さらにその内容をプレゼンテーションで発表しました。課題をこなす過程で大学の図書館やITルームの使い方も覚えることができました。

    また、プリセッショナルコースに通う良さは、大学の勉強に必要な英語力を身につけるだけでなく、大学や街の生活に慣れることにあります。地元のスーパーで買い物をしたり、自炊したり、パブに飲みに行ったり、携帯の契約をしたり、銀行口座を開いたり。普通の生活でも国がちがえば戸惑うことも多いのですがだいぶ慣れてきました。
    IMG_0578.jpg
    地元のパブで食べたフィッシュ&チップス。イギリスの食事はよくまずいと言われますがこれはとても美味しかったです。

    勉強しつつたまには遊びながら、9月からの生活に備えようと思います。


    飛行機を降りるとそこは

    ついにこのブログが留学生ブログっぽくなります。
    はるばるイギリスへとやってきまして、いま大学の寮でこの記事を書いています。
    この寮にたどり着くまでにも色々なことがあったので、ちょっと思い出しながら書いてみます。
    ゆるゆると日記感覚で。


    6月27日、いざイギリスへ!と関西国際空港から飛行機に乗りこみました。
    しかし、直通便ではなかったので途中で降りることに。

    飛行機を降りると、そこは、ドバイ。

    ドバイってどこかわかりますか。


    View Larger Map

    アラブ首長国連邦を構成する首長国のひとつだそうです。
    中東ですね。

    利用した航空会社はエミレーツ
    「値段は安い方だしサービスも良いらしい!」
    「ドバイ経由って面白そう!」
    という理由でエミレーツを選びました。

    参考として書いておくと、ぼくは関空からロンドンGatwick空港まで片道8万円のチケットを買いました。エミレーツの場合、Heathrow空港(ロンドンで最もメジャーな空港)よりもGatwick空港(ロンドンで2番目に使われている空港)着の方が少し値段が安く設定されてました。


    現地時間の早朝5時頃にドバイ国際空港に着いたのですが、お店が一通りオープンしていて感動。
    商魂たくましい。


    IMG_2314.jpg

    写真はスターバックス
    アラビア語読めない


    ドバイでの待ち時間は3時間。この待ち時間を利用して、せっかくなので現地の新聞を読んでみました。

    IMG_2317.jpg

    ご自由に読んでください、とエミレーツ航空が用意してくれていた


    読んだのはGulf News
    ぶあつい新聞で、オールカラー。
    なかなか読み応えがある良い新聞だなー、
    なんて思いながら読んでると、こんな記事が。

    IMG_2318.jpg


    「エミレーツ航空、戦闘機とニアミス」

    おい、こわいよ!
    いまエミレーツの飛行機でドバイきたところやん!
    これからまた8時間乗るんやで!!

    航空会社自ら新聞を用意して、その新聞に「飛行機衝突しそうでした、テヘペロ」というニュース。
    「なんのブラックジョークやねん」とひとりツッコミいれながらのトランジットでした。

    不安に思いながらも、けっきょく何のトラブルもなく無事ロンドンに到着。
    ロンドンでは、ちょこっとだけ観光しました。
    その話はまた次回。

    IMG_2320.jpg

    なんだかんだでエミレーツ航空よかったですよ
    機内食もおいしかった


    all photos taken with iPhone

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    プロフィール

    Akira Oda

    Author:Akira Oda
    尾田章
    2013年9月よりカーディフ大学インターナショナル・ジャーナリズム修士課程(Cardiff University, MA International Journalism)に在籍。
    関心:データジャーナリズム、ドキュメンタリー、写真、計量政治学、英語学習、オーケストラなど
    Email: OdaAあっとcardiff.ac.uk ("あっと"を@に変えてご連絡ください)





    最新記事

    人気記事とリンク

    このブログをリンクに追加する

    カテゴリ

    大学院留学 (8)
    データジャーナリズム #ddj (7)
    Photography 写真 (14)
    Documentary ドキュメンタリー (1)
    イギリス旅行 (1)
    ブックレビュー (1)
    東日本大震災 (1)
    英字新聞で学ぶ (2)
    未分類 (0)

    検索フォーム