2014-06

    ヤバい学問(=計量〇〇学)はデータジャーナリズムの宝庫

    突然ですが「ヤバい経済学」ってみなさんご存知ですか?最近これとデータジャーナリズムを関連づけたツイートを見かけました。











    『ヤバい経済学』とはなんぞや!


    本の名前ですね。
    アメリカの経済学者が書いた本です。統計データの不自然な傾向を見いだすことで、世の中の様々な不正を暴き出しています。相撲の八百長や、学校の先生が勝手に生徒の点数を水増ししている事例など、様々なテーマにおよびます。
    経済学の本と言っても難しい学術論文ではありません。興味をひくような文章でとても読みやすいです。データ分析から意外な事実を暴き出すというアイデアの参考になる本じゃないかなと思います。とても話題になった本で、続編が出たり映画化されたりもしました。映画も面白そうですね。



    そしてこれを書きながら「ヤバい政治学」という連載を思い出したので、これも紹介します。
    ヤバい政治学 データで分かる政治のウラ表:日経ビジネスオンライン

    アンチ政局報道とも言いますか、政治学者の方たちがデータから政治を見るというコラムです。ちょうど2年ほどまえに日経ビジネスオンラインで連載されていたシリーズです。当時はいまほどデータジャーナリズムという言葉は広く認識されていませんでしたが、これも近い領域ではないかと思います。仮に分析を記者が行うのは難しくても、こういう政治学者の方たちと協力して報道ができればいいのにと思います。

    ヤバい経済学や、ヤバい政治学は、学問の世界の言葉で言えば計量経済学や、計量政治学のことです。学問の世界にはまだまだデータジャーナリズムのネタが転がっているかもしれませんね。


    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    プロフィール

    Akira Oda

    Author:Akira Oda
    尾田章
    2013年9月よりカーディフ大学インターナショナル・ジャーナリズム修士課程(Cardiff University, MA International Journalism)に在籍。
    関心:データジャーナリズム、ドキュメンタリー、写真、計量政治学、英語学習、オーケストラなど
    Email: OdaAあっとcardiff.ac.uk ("あっと"を@に変えてご連絡ください)





    最新記事

    人気記事とリンク

    このブログをリンクに追加する

    カテゴリ

    大学院留学 (8)
    データジャーナリズム #ddj (7)
    Photography 写真 (14)
    Documentary ドキュメンタリー (1)
    イギリス旅行 (1)
    ブックレビュー (1)
    東日本大震災 (1)
    英字新聞で学ぶ (2)
    未分類 (0)

    検索フォーム