2016-12

    Hello, new world

    this_is_Canon.jpg
    いやあ、もう嬉しくて嬉しくて。ブログに書いちゃいます。

    カメラ買いました!!

    人から一眼レフを借りて使っているうちに、すっかりカメラにはまってしまいまして。ついにマイ一眼レフです。写真撮るの楽しいいいい。このカメラで撮った写真をこのブログにもどんどん上げていこうと思います。

    高い買い物なので、購入にいたるまでずいぶんと悩みました。「どのメーカーのカメラにしようか」「どれくらいの値段までなら出せるか」「カメラ以外にレンズやアクセサリーはどうしようか」などと悩みながら、カメラ好きの方々や、プロのカメラマンの方々に相談させてもらいました。
    そうして購入を決めたのが、このCanon EOS X6i。レンズはキットレンズのEF-S 18-135mm f/3.5-5.6 IS STM、それと写真でカメラに付けているEF 50mm f/1.8 Ⅱのふたつ。

    とっても悩んでこのカメラやレンズを買うことを決めたわけですが、実は悩むのもけっこう楽しかったんです。
    ネットサーフィンしてると、もう本当にたくさんの情報であふれています。毎日のようにカメラのことをググってたので、Amazonはもちろんあらゆる場所のネット広告がぼくにカメラの購入を勧めてくるようになりました。広告を見ると、気になってまたカメラのことを調べて、また広告が勧めてきてついクリックして…というスパイラルに陥ります。こうしてめでたく購入にいたったわけですね。

    そんなネットの情報で一番面白かったのは、YouTubeに上げられた様々な動画でした。自分と同じようにどの一眼レフを買えばいいか迷っている人たちがたくさんいて、そういう人たちに向けてカメラやレンズのレビューをしたり、複数のカメラを比較した動画がアップされています。
    日本人が投稿している動画もたくさんあるのですが、勉強も兼ねて英語で投稿している人たちの動画を見ていました。ぼくが買った機種に関しては、外国の方の動画の方が詳しいレビューが多いように思います。

    ちなみに海外の人の動画を見ていて気づいたのは、カメラの名前が国によって異なっているということ。キヤノンの場合、日本、ヨーロッパ、アメリカでそれぞれカメラの呼び名が違います。そのためX6iの名前で調べているとどれだけ探しても日本人による情報しか出てきません。X6iはヨーロッパでは650D、アメリカではRebel T4iと呼ばれています。
    参照:キヤノン公式HP 海外機種一覧(デジタル一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ)


    せっかくなので自分がネットサーフィン中に見つけたお気に入り動画をいくつか紹介したいと思います。

    まずはカメラのCM。ぼくは日本のものよりこちらのCMのほうが好き。
    Canon EOS 650D Commercial (Serviced by P for Production, UK)

    海外のCMを見ていて気づいたのは、タッチパネル機能を推したコマーシャルになっていること。日本のCMでは「初めてにkissしよう」というコピーで、子どもの成長記録を写真や動画で残すことをテーマにしていた。日本版ではタッチパネル機能についてはほとんど、あるいは全く言及していないはず。売り出し方が違うんだなー。あと最後のキヤノンのキャッチフレーズも日本とは変わっている。

    こちらの動画は、写真を交えながらカメラのレビュー。
    Canon EOS Rebel T4i hands-on overview Canon 650D Review with Sample Pictures at different ISO

    動画の内容もいいんだけれど、動画を見た人たちのコメントや、それに対する投稿者のレスポンスを読むのが楽しい。そのうえ勉強になる。生きた英語だと思うし、コメントの内容がとても身近に感じられる。
    「予算が厳しいんだけど、どのカメラがいい?」「キットレンズはどれを選べばいいの?」「このふたつのカメラならどっちがどういう点で優れているの?」なんて質問に「その予算なら、このカメラがいいよ」とか、「こっちのレンズなら望遠も対応してて満足できると思う」、「その二つで迷うなら、こっちのメーカーのカメラの方が得じゃないかな」なんて答えている。英語で。
    この動画の投稿者はおそらくアメリカ人なので、イギリス人の動画も探してみた。自分はやはりイギリス英語に慣れておくべきなので。


    イギリス人によるものと思われる動画をふたつ。どちらもカメラ雑誌社が投稿している動画らしい。
    Canon EOS 650D First Look Preview


    Canon EOS 650D / Rebel T4i Review Preview


    最後に、生きた英語を読みたいなら、やっぱりAmazonのレビューがいいだろうと思ったのでそのリンクを。
    Canon EOS 650D Digital SLR Camera - Black: Amazon.co.uk: Camera & Photo
    これはAmazon.co.ukの製品ページ。なかなか詳細なレビューが掲載されている。

    vocabulary
    ・Digital single-lens reflex デジタル一眼レフ。《よくDSLRとかDigital SLRと略されている》
    ・lens レンズ
    ・shutter speed シャッタースピード
    ・aperture しぼり
    ・shoot 撮影する、撮る
    ・telephoto range 望遠
    ・wide range 広角
    ・focus length 焦点距離
    ・videographer ビデオ撮影家
    ・budget 予算

    an example phrase
    I am on a tight budget, and new to DSLR.
    “予算が限られてて、デジタル一眼レフは初めてです”


    思えば以前カメラを買ったのは高校生のとき。2年生の夏休みにイギリスのオックスフォードに語学留学することになり、親が買ってくれました。留学中はそのカメラで何百枚とたくさん写真撮りました。

    camera_globe.jpg
    (写真は高校生のころに買ってもらったコンパクトデジタルカメラ)

    あれからもうすぐ7年。今度は大学院の修士課程で学ぶ為に渡英。カメラもさらに立派になったものを携えて留学します。もう一歩先の世界へ。Hello, new world.

    これからたくさん写真撮ってアップしていきますので、ぜひ今後の記事も見てください;)

    追記:(2014年5月5日)
    関連記事一眼レフカメラ選び、初心者が失敗しない為の5つのポイント

    ● COMMENT ●

    ほんとに、ほんとによかったですね!おめでうございます!

    近いうちに、一緒に写真撮れることを楽しみにしています。キャノンuserが、まわりに増えてとても嬉しいですっ♪レビュー関係もとても、見応えありました。



    カメラライフ、たのしみましょーねー( ´∀`)♡

    To しほさん

    コメントありがとうございます(^^)
    これからマイカメラでたくさん写真を撮れるのが楽しみです。
    ぜひぜひカメラライフ楽しみましょー!


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://poco1poco.blog.fc2.com/tb.php/5-26a14a9f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    日本語で論文を書ける不思議の国ニッポン «  | BLOG TOP |  » 『統計学が最強の学問である』を読んだ

    プロフィール

    Akira Oda

    Author:Akira Oda
    尾田章
    2013年9月よりカーディフ大学インターナショナル・ジャーナリズム修士課程(Cardiff University, MA International Journalism)に在籍。
    関心:データジャーナリズム、ドキュメンタリー、写真、計量政治学、英語学習、オーケストラなど
    Email: OdaAあっとcardiff.ac.uk ("あっと"を@に変えてご連絡ください)





    最新記事

    人気記事とリンク

    このブログをリンクに追加する

    カテゴリ

    大学院留学 (8)
    データジャーナリズム #ddj (7)
    Photography 写真 (14)
    Documentary ドキュメンタリー (1)
    イギリス旅行 (1)
    ブックレビュー (1)
    東日本大震災 (1)
    英字新聞で学ぶ (2)
    未分類 (0)

    検索フォーム