2016-12

    自分が日本代表

    4月始めからゴールデンウィーク頃までの約一ヶ月、商業施設で接客のアルバイトをやっていました。接客業は初めてだったので新鮮で勉強になりました。働いていると外国のかたと英語でお話する機会が何度かあったので、今回はそういう実際のコミュニケーションを通じて考えたことについて。あと最後に道案内に便利な英語表現をまとめておきました。

    ウイスキー
    写真は仕事とは関係ないんですけどバイト仲間と飲みに行ったときのウイスキー。イギリスに行ったら美味いウイスキーが飲みたい。

    観光地のためか、神戸には外国人のお客様がたくさんいらっしゃいます。働いていると、ある中国人のご夫婦に最寄り駅までの道のりを尋ねられました。10分ほどかかる道のりを地図を使いながら苦労して説明するとなんとか理解してくれた様子。お互い母国語ではない英語での会話だったので大変でしたが、最後はご主人が満面の笑顔でThank youと言いながら握手を求めてくれました。

    英語のネイティブの方とお話しするときもありました。その方は日本語で話しかけてくださったのですが、あまり日本語に慣れていないご様子だったので、英語でお話ししましょうかと提案するとホッとした顔でYes, pleaseとのこと。お店で使うポイントカードカードの仕組みをご案内したり、申し込み用紙に漢字で住所を書くのをお手伝いしたりしました。無事にカードを作れてお帰りになるときには、安心した顔でお礼を言ってくれました。

    ぼくは留学のために英語を勉強しているわけですが、こういった時には「英語勉強しててよかった」と思いました。外国の方と話すときは、 自分がどう振る舞うかが日本人や日本という国の印象を決めると思うので、自分が日本を代表しても恥ずかしくないように接したいと考えています。特に観光で日本を訪れている方は、日本人と接するのはごく限られた期間です。ぼくがどう接したかで自分に対する印象だけでなく、日本人は一般的にどういう人なのか、日本とはどういう国なのかというイメージを決めてしまうかもしれません。

    こう考えるようになったのは自分の実体験が影響しています。高校生の頃、夏休みを利用してオックスフォードにホームステイしていたことがあります。英語学校に通う初日、道が分からなくて困って通りすがりの女性に道を尋ねたのですが、笑顔でとても親切に教えてくれました。ホストファミリーの方たちも、滞在中は本当によくしてくれて、オックスフォードは楽しい思い出ばかりです。自分に優しくしてくれた方たちのように自分もなりたいと思います。

    もちろん今回はバイト中のことなので、どこの国の人かは関係なくお客様には丁寧な対応をしなければいけないのですが、外国の方と話すときは「自分が日本人代表」という気概が必要なのではないかと思います。それに、せっかく何かのきっかけで日本を訪れてくれたのだから、楽しく、心地よく過ごしていってほしいです。日本に来てよかった、日本が好きだと思ってほしい。その為には、たまたまそこに居合わせただけとはいえ、自分がどう接するかが本当に大切だと思います。

    最近は主にIELTSという試験の対策のために英語を勉強していたんですが、やっぱりせっかくなら人とのコミュニケーションのために英語を役立てたいなと思いました。

    パンケーキ
    写真はバイト仲間と食べにいったパンケーキ。おいしかった。


    道案内に便利な英語表現
    Go straight (ahead). 真っ直ぐ進んでください
    Keep going.  そのまま真っ直ぐ進んでください

    Turn[Take] left/right at 〜 〜で左・右に曲がってください

    Turn right at the second corner. 二つ目の角を右に曲がってください
    Turn left just before a convenience store. コンビニの手前を左に曲がります

    You will see 〜 〜が見えます

    目印になる場所の英単語
    ・corner 曲がり角
    ・traffic light 信号
    ・crossing 横断歩道
    ・intersection 交差点

    It's next to 〜 〜の隣です
    It's opposite [across from] 〜 〜の向かいです
    It’s on the corner. 角にあります
    It' the second store from the corner. 角から2軒目です
    It's at the end of the street. 道の突き当たりにあります
    You will come to 〜 ~に突き当たります
    Cross the street/road. 道を横切ってください
    You'll see it diagonally in front on your right. 右斜め前にあります。

    Go down this street until you see 〜 on the corner. 角に〜が見えるまでこの道を進んでください
    Go out of this building. この建物を出てください。
    Turn right outside the building. 建物を出て右に曲がってください。
    Go through the station and exit at the opposite side. 駅を通りぬけて、反対側から出てください。
    Leave by the exit B1 of the subway. 地下鉄のB1の出口から出てください
    It'll be about 10 minutes' walk from here. ここから歩いて10分くらいです

    この辺はよくわかりません。
    I'm not familiar with this area.
    I don't know this area well.
    I’m pretty new around here.

    Shall I ask someone else for you ? 誰か他の人に聞いてあげましょうか?
    Please wait till I ask. 他の人に聞いてみるので少し待っててください
    Why don't you ask the station attendant? 駅員さんに聞かれたらいかがでしょう?


    ● COMMENT ●


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://poco1poco.blog.fc2.com/tb.php/9-37176fc2
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    "Be a good listener" ウォーターゲート事件のジャーナリスト、カーディフ大学で講演 «  | BLOG TOP |  » Photos 神戸の写真2

    プロフィール

    Akira Oda

    Author:Akira Oda
    尾田章
    2013年9月よりカーディフ大学インターナショナル・ジャーナリズム修士課程(Cardiff University, MA International Journalism)に在籍。
    関心:データジャーナリズム、ドキュメンタリー、写真、計量政治学、英語学習、オーケストラなど
    Email: OdaAあっとcardiff.ac.uk ("あっと"を@に変えてご連絡ください)





    最新記事

    人気記事とリンク

    このブログをリンクに追加する

    カテゴリ

    大学院留学 (8)
    データジャーナリズム #ddj (7)
    Photography 写真 (14)
    Documentary ドキュメンタリー (1)
    イギリス旅行 (1)
    ブックレビュー (1)
    東日本大震災 (1)
    英字新聞で学ぶ (2)
    未分類 (0)

    検索フォーム